Aakashプロジェクト RIHN所属メンバー紹介

林田 佐智子

総合地球環境学研究所 / 奈良女子大学 教授

研究分野:自然科学一般, 大気水圏科学 / 環境・農学, 環境動態解析

Leader of the Aakash project at RIHN, Kyoto and also a member of faculty of science, Nara women’s university (NWU) in Nara, Japan. I have experiences in atmospheric sciences that include remote sensing and data analysis for atmospheric minor compositions.

・Horiuchi Award from Japan Meteorological Society in 2002.

・A member of the Science Steering Group of the SPARC (Stratospheric Processes And their Role in Climate) under WCRP (World Climate Research Programme) from 2005 through 2008.

・A member of iCACGP (international Commission on Atmospheric Chemistry and Global Pollution) which is one of the commissions in IAMAS (International Association of Meteorology and Atmospheric Sciences) under the ICSU (International Council for Science) family.

・President of Remote Sensing Society Japan (RSSJ) from 2020.


総合地球環境学研究所 Aakashプロジェクトのプロジェクトリーダーで、兼任で奈良女子大学自然科学系に所属しております。大気科学の分野では、リモートセンシングや大気微量成分のデータ解析などの経験があります。

・日本気象学会 堀内賞, 2002年
・WCRP(世界気候研究計画)/SPARC(成層圏過程とその気候における役割)プロジェクト国際SSG 科学運営委員会 委員, 2005年- 2009年 
・大気科学および地球汚染に関する国際委員会 iCACGP 委員, 2010年 – 2018年
・日本リモートセンシング学会 会長, 2020年〜

Prakhar Misra

総合地球環境学研究所 研究員

研究分野:大気・都市リモートセンシング、空間データ解析(Atmospheric and Urban remote sensing, Geospatial data analysis)

I am a Researcher in the WG2 of Aakash, studying issues concerning air pollution. I am interested in characterizing linkages in the human-atmosphere interaction in urban and rural areas using geospatial technologies. I research satellite remote sensing techniques for quantifying the impact of socio-economic development and land-use change on air quality and human health. I love cities that are walkable and cycling-friendly. 


私は、AakashプロジェクトのWG2に所属し、大気汚染問題を研究しています。地理空間技術を用いて、都市部と農村部における人と大気の相互作用の関連性を特徴づけることに関心があります。社会経済的発展や土地利用の変化が大気環境や人の健康に与える影響を定量化するための衛星リモートセンシング技術を研究しています。私は歩きやすくサイクリングにフレンドリーな都市が大好きです。

村尾 るみこ

総合地球環境学研究所 研究員

研究分野:地域研究、人類学 

これまで、サブサハラ・アフリカの農村にて人類学的な研究をおこなってきました。AakashプロジェクトではWG1農村班の研究員として、パンジャブの大気汚染改善に資するような農民の行動変容がいかに可能かについて、学際的かつミクロな視点から追究していきます。

安富 奈津子

総合地球環境学研究所 研究推進員

研究分野:気象学・気候学(アジアモンスーンの年々変動、アジアの高地における地上気温の長期変化の解析)

Aakashプロジェクト全体の研究支援担当として、国内外との研究協力・研究支援にかかわるさまざまな業務やホームページやSNSなどでの成果発信を担当します。WG2のメンバーとしては、モデルシミュレーションの条件設定やデータ解析を担当します。

荒木 晶

総合地球環境学研究所 研究推進員

Aakash Project において、研究推進員として、主にPM2.5 の観測に関連する業務に携わっています。

池田 智子

総合地球環境学研究所 事務補佐員

出身は北陸の金沢市です。「弁当忘れても、傘忘れるな。」と言われるほど、1日のうちでも天気が変わりやすい土地です。以前はよく旅行しましたが、最近は、喫茶店でコーヒーを飲むのが楽しみです。 

能勢 康子

総合地球環境学研究所 事務補佐員

Aakashプロジェクトで事務補佐を担当しています。よろしくお願い致します。