活動報告

2023年度の活動報告

今年度のAakash Projectの活動を報告いたします。

■主な活動内容

日時活動内容
3月17日The 10th 3R International Scientific Conference, 3RINCs 2024にて村尾るみこ研究員が発表
The new socio economic relations developing between pastoralists and farmers : The increased agricultural waste usages after the ‘Green revolution’ in Northwestern India」Rumiko Murao, Prabir Patra 
3月9日第94回日本衛生学会学術総会にて梅村朋弘先生が発表
「インドのパンジャブ州における医療事情に関する調査」
2月2日第34回日本疫学会学術総会にて上田佳代教授が発表
「新興国における国際共同疫学研究の課題ーインドにおける学際研究からー」
12月19日ISAP2023パラレルセッションに林田佐智子教授が登壇
12月12日-14日国際会議ISTA2023にてPrabir Patra教授が招待講演
12月12日データサイエンス国際シンポジウム 2023にて林田佐智子教授が講演
12月9日COP28 ジャパン・パビリオンの現地セミナーでPrabir Patra教授が発表
11/22日23日国際会議SSAFNS-2023にて林田佐智子教授と犬伏和之教授が基調講演
11/20日22日第28回大気化学討論会(2023): JpSAC Annual Meeting 2023にて中山智喜准教授、メンバーが発表
11月3日地球研オープンハウス
11月2日研究会開催(WG2)
10月30日第2回地球研・北大連携シンポジウムで上田佳代教授が登壇
10月14日15日第134回日本熱帯農業学会講演会日本熱帯生態学会にて発表
犬伏和之教授が発表
「Sustainable soil and organic matter managements for reducing straw burning, greenhouse gas productions, and their influencing factors in Northwest India (Part 1)」(共著者)Inubushi, K; Sahara, I; Sudo, S; Nishihara, E; Chandra, M; Diptanu, B; Prasann, K; Gaurav, S; Kato, T; Oshima, H; Hayashida, S; Prabir, P,
佐藤孝宏准教授が発表
「農業経営的側面からみたインド・パンジャーブの藁焼き問題」(共著者)浅田晴久,村尾るみこ 
10月〜11月2023年秋の観測キャンペーン
9月18日論文の発表
「Assessing the high-resolution PM2.5 measurements over a Central Himalayan site: impact of mountain meteorology and episodic events」
Vikas Rawat; Narendra Singh; Jaydeep Singh; Akanksha Rajput; Surendra K. Dhaka; Yutaka Matsumi; Tomoki Nakayama; Sachiko Hayashida,
9月17日現地調査報告(WG1a)
9月17日日本地理学会2023年秋季学術大会 にて浅田晴久准教授が発表
「インド・パンジャーブ州における野焼きの地域特性」(共著者)村尾るみこ,佐藤孝宏,Kamal Vatta 
8月30日現地調査報告(WG1a)
8月14日論文の発表
「Very high particulate pollution over northwest India captured by a high-density in situ sensor network」
Singh, T; Y. Matsumi; T. Nakayama; S. Hayashida; P. K. Patra; N. Yasutomi; M. Kajino; K. Yamaji; P. Khatri; M. Takigawa; H. Araki; Y. Kurogi; K. Kuji; K. Muramatsu; R. Imasu; A. Ananda; A. A. Arbain; R. Khaiwal; S. Bhardwaj; S. Kumar; S. Mor; S. K. Dhaka; A. P. Dimri; A. Sharma; N. Singh; M. S. Bhatti; R. Yadav; K. Vatta; S. Mor
8月9日論文の発表
「Trends and Variability of PM2.5 at Different Time Scales over Delhi: Long-term Analysis 2007–2021」
Chetna; Surendra K. Dhaka; Gagandeep Longiany; Vivek Panwar; Vinay Kumar; Shristy Malik; Narendra Singh; A.P. Dimri; Yutaka Matsumi; Tomoki Nakayama; Sachiko Hayashida
7月27日28日Aakash Workshop
7月19日6th INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCES IN AGRICULTURE TECHNOLOGY AND ALLIED SCIENCES (ICAATAS 2023)にて犬伏和之教授が招待講演 
7月19日2023 International Conference on CMAS-Asia-Pacifice Aakashプロジェクトのスペシャルセッション
7月12日現地調査報告(WG1a)
7月12日研究会開催(WG2)
6月24日日本熱帯生態学会にて村尾るみこ研究員が発表
「北西インド農村における社会経済変容と藁利用」(共著者)浅田晴久,佐藤孝宏,Patra Prabir,Kamal Vatta
6月8日5th Atmospheric Composition and the Asian Monsoon (ACAM) workshopでPrabir Patra教授が発表
「Evolution of high pollution events in Delhi NCR, Haryana and Punjab during the monsoon to post-monsoon transition」
6月5日Punjab Agricultural Universityにて佐藤孝宏准教授が招待講演
「Introduction of Aakash Project and preliminary report on the questionnaire surveys」
6月1日日本リモートセンシング学会 論文奨励賞と令和5年度「功績賞」受賞
4月1日プロジェクトリーダーの交代

■各会議の開催

 日時
運営連絡会議5月9日
WG15月19日(1a)、8月21日(1a)、12月19日(1a)
PM2.5タスクチーム4月25日(第1回)
WG26月12日、7月12日、11月2日、3月21日22日
WG3毎週火曜9:30から1時間程度開催
地球研スタッフ水曜以外毎日10:15から30分程度開催

2021年度の活動報告

2022年度の活動報告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう