インド情勢

インド・The Tribune紙から、パンジャーブ州・ハリヤーナ州の稲わら焼きと関連するニュースを中心に、記事の要約を掲載しています。見出しをクリックすると日本語要約が表示されます。

記事のまとめは奈良女子大学の浅田晴久准教授が作成してくださいました。

2024年

1月

1月1日 In 2023, free electricity given to 90% domestic consumers in Punjab: Minister

パンジャーブ州は2023年、家庭用消費者の90%に、無償で電力を提供した。2ヵ月で600ユニットまでは電気代が無償になる。パンジャーブ州電力公社(PSPCL)は、7年間閉鎖されていた、Pachhwara Central Coal Mineの操業を再開して、300万トンの石炭を火力発電所に供給した。

1月6日 Punjab farmers get Rs 19 cr for adopting DSR technology

パンジャーブ州政府は、2023年カリフ季に稲直播栽培(DSR)を採用した、17,007件の農家の銀行口座に、計1.983億ルピーを送金した。稲を直播した農家に、Rs 1,500/acreのボーナスが支給される。

1月6日 Farmer unions organise ‘mahapanchayat’ in Punjab, demand enactment of MSP guarantee law

Barnala県では、Samyukta Kisan Morchaとその他18の農家団体が、作物のMSP制定と、スワミナサン委員会報告の実施を求めて、mahapanchayat(大会議)を開催した。2月13日にデリーへ向けて行進することも宣言した。

1月10日 Farmers burning stubble prone to lung cancer: Patiala medical college study

Patiala市の医科大学の研究者が行った調査によると、野焼きを繰り返し行った20歳から50歳までの農家200名の80%で、肺機能の低下がみられることが分かった。過剰な咳、気管支炎の早期症状などがみられる。

1月11日 Power subsidy zooms in Punjab, 97% getting subsidy this winter

PSPCLによると、2023年12月に無償電力を受けていた消費者は、366.5万人で、2022年12月の331.6万人よりも増加した。無償化の対象となる月300ユニットに収まるように、1世帯で、複数の電気メーターを設置している。

1月11日 Punjab to reduce stubble burning by 50%: Gurmeet Singh Khudian

パンジャーブ州農業大臣は、来期の野焼きの件数を50%減らすことを目標に設定したと述べた。

1月13日 2.46 lakh quintals of cotton sold below MSP in Punjab

パンジャーブ州では今期、綿花の25%以上が、MSP以下で買い取られている。市場に持ち込まれた綿花97.9万quintalのうち、Cotton Corporation of India (CCI)に買い取られたものは17.6万quintalにすぎず、残り79.8万quintalは民間業者に買い取られた。買い取り初期は高値で買い取られていたが、市場に持ち込まれる綿花の量が増えるにつれて、買取価格が下がっていた。

1月13日 Fix Rs 3,284 MSP for paddy, Punjab urges Centre

パンジャーブ州政府は、来期のMSPの大幅値上げを要求する提案書を連邦政府に送った。各作物のMSP提案価格は、PAUが調査した投入コストに基づいている。昨年、パンジャーブ州政府は稲のMSPとしてRs 3,184/quintalを要求したが、連邦政府はRs 2,183/quintalを承認した。来期は、ノーマル品種はRs 3,284/quintal、Aグレード品種はRs 3,324/quintalを要求する。

1月16日 Sangrur: Unions for ending contract system in foodgrain purchase agencies

穀物調達業者との契約システムの廃止を求めて、労働組合のメンバーがSangrurとPatiala間の国道を封鎖して抗議している。AAPは契約システムの廃止を公約にしてパンジャーブ州与党に就いたが、2年間何もしていない。

1月16日 Ludhiana among 20 most polluted cities in country, reveals study

National Clean Air Programme (NCAP)の調査によると、Ludhiana、Amritsar、Mandi Gobindgarhが、大気汚染がひどいインドの都市20選に入っている。LudhianaはPM10濃度が第1位、Mandi GobindgarhはPM2.5が第1位。

1月18日 Punjab govt set to save Rs 450 cr in power generation, industry seeks relief

パンジャーブ州の電力料金は毎年3%ずつ上がっていたが、PSPCLがGVK社から540MWの火力発電所を取得したことでコスト削減につながると、産業界は歓迎している。

1月19日 Extended dry spell, cold conditions may hit crops in Punjab

パンジャーブ州では12月から1月半ばまで雨が降っておらず、コムギとジャガイモの生育に悪影響が出るかもしれないと、農家が心配している。

1月20日 900 officials get notice over missing stubble management machines in Punjab

「消えた稲わら処理機械」の件で、農業局の職員900名が大臣から通告を受けた。15日以内に原因を回答するように求められている。

1月23日 NGT seeks amended action plan from Punjab government to prevent farm fires

国家環境裁判所(NGT)は、パンジャーブ州政府から提出された野焼き防止のためのアクションプランを批判して、修正案を要求した。大気質の定期的な観測に加えて、ホットスポット周辺に適切な数の観測地点を設置するように指示した。次回の公聴会は3月22日に開催予定。

1月24日 Missing stubble machines: Given notices, Punjab Agriculture Dept officials begin 3-day pen-down stir

「消えた稲わら処理機械」の件で通知を受け取った農業局の職員たちは、自分たちの無実を訴えて、3日間のストライキを開始した。

1月25日 Farmers hold mahapanchayat at Ropar

The Punjab Kisan Unionに所属の農家たちは、政府が全作物へのMSP設定しないこと、電気料金メーターを各家庭に設置しようとしていること、などに抗議するために、 2月13日にデリーまで行進する予定。

1月26日 Punjab: Notice to 2 top officers over missing straw machines, withdrawn

「消えた稲わら処理機械」の件で、機械の製造業者も詐欺に関与しているとして、パンジャーブ州農業大臣は製造業者リストの提出を部下の局長に要求した。その情報が大臣に提出されると、局長たちに出されていた通知が撤回された。

 

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月